紫外線あれこれ

紫外線に当たると頭痛がする原因はなに?対策方法は?

投稿日:

天気のいい日にお出かけして、しばらくすると頭痛が・・・。

最近こんな経験をする人が増えているんです。

ただ一口に頭痛と言っても、いろいろな原因があります。

自分の頭痛のタイプを知って、どう対処したらいいのか見ていきましょう。

紫外線に当たると頭痛がする原因は?

 1.日射病

日差しが強くなると、ニュースなどでも日射病や熱中症に気をつけるようにアナウンサーが呼びかけています。

これは夏だけではなく、日差しが強くなってくる季節に長時間、屋外で直射日光を浴びる時などに起こります。

頭痛だけではなく、吐き気や目まい等の症状も起きます。

2.偏頭痛

慢性的な頭痛である偏頭痛ですが、

直射日光に当たることによって、頭痛が起きる場合があります。

紫外線による疲労と、日光の熱の影響、また、光刺激によって頭痛が起こると言われています。

急に脳の血管が広がってズキズキと痛くなったり、吐き気、目まい、耳鳴りの症状があります。

偏頭痛は、紫外線を浴びなくても、季節の変わり目や対人関係で緊張した場合、環境が大きく変化する場合などに起こりやすいもの。

紫外線の量が増える春先に起こりやすくなる人もいます。

3.眼精疲労

デスクワーク等で長時間パソコンに向かう人によく起こりますが、

日光の明るさ、雪などの反射による強い光などが原因で眼精疲労から頭痛が起こることがあります。

眼精疲労があると肩こりや頭痛が起こりやすくなります。

目の色素が薄かったり、刺激に敏感な人が、眼精疲労と伴に  目のかすみ充血ともに頭痛を起こします。

中には頭痛とともに吐き気や胃痛などの症状を起こす人がいます。

4.紫外線アレルギー

日光アレルギーとも言われます。

日光に当たると皮膚に湿疹ができたり、かゆみとともに頭痛が起こります。

紫外線が強くなる5月頃から夏に日光に当たると、体調不良を起こして頭痛が起きることがあります。  

 頭痛の対策はどうしたらいい?   

1.日射病の対策

 直射日光に長時間当たらないように注意しましょう。

 特に紫外線が強くなる5月頃からは、UVカットの帽子などを被り、紫外線対策をしましょう。

 また喉が渇く前に、しっかりと水分補給をすることも大切です。

2.偏頭痛の対策

 偏頭痛が起きた場合は、無理をしないで、できるだけ涼しい場所で体を休めることです。

 安静にするのが難しいときは、楽な姿勢をとるだけでも改善されるでしょう。

 紫外線が原因で偏頭痛が起きている場合は、目から強い紫外線が入った刺激により起きていますので

 サングラスなどで紫外線対策をするようにしましょう。

 サングラスは、色が濃いから紫外線カット率が高いということではないので注意しましよう。

 紫外線透過率が明記されているものを選ぶと安心です。

 3.眼精疲労

 眼精疲労が起きているときは、実は脳も疲労しているものです。

 そのまま放置していると、体全体の不調につながります。

 外出する時は、しっかりとサングラスや帽子などUVカット対策をして出かけましょう。

 眼精疲労は、目の血行不良でも起きます。

 疲れてるなあと感じたら、ホットタオルを当てるだけでも効果があります。

 目は紫外線を浴びるだけでもダメージを受けやすい部位です。

 目には、日焼け止めを塗ることはできませんので、飲む日焼け止めの出番です。

 2015年ぐらいから、飲む日焼け止めサプリの人気が上昇して、いろいろなサプリメントが登場しています。

  成分別、価格別ランキングをチェックする

 4.紫外線アレルギー対策

 紫外線アレルギーは、光線過敏症とも言われています。

 とにかく紫外線を浴びないことが対策になります。

 紫外線アレルギーの場合は、頭痛の他に、肌に湿疹やかゆみがでることがありますので

 腕など肌が露出している部位はアームカーバーなどをつけることが大事です。

 外出する時は、UVカットの帽子や日傘を忘れずに、またサングラスをして

 紫外線による目のダメージを防ぎましょう。

 

 

 

 

 

 

-紫外線あれこれ

Copyright© 飲む日焼け止めは日本製が安心!成分・価格で徹底比較! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.